Japanese Stallion in the Wharton School
日本の種馬が、イタリアの種馬・ロッキーバルボアのホームタウン・フィラデルフィアで MBA 取得目指して奮闘中!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット復活
やっと自宅でネットが復活した。
且つプリンターも今日届いたためこれから家ですべてが済むことになる。

最近、日本や世界の動きがめまぐるしい。

1) 民主党、テロ特措法改正案に反対
参院での多数をテコに、外交・安全保障政策面で安倍内閣を窮地に立たせるねらいが明白であり完全に政争の道具と化しているようにしか見えない。小沢代表は、改正案に反対する理由について(1)アフガニスタンでの戦争はブッシュ大統領が「自衛戦争だ」と言って始めた(2)アフガニスタンでもイラクでも、ブッシュ政権の政策の追認だけが日米関係のすべてではない-などと発言してきた。
アフガニスタン本土には、テロ掃討作戦や治安維持のため、40カ国以上が部隊を派遣している。軍事指揮権は米軍からNATO(北大西洋条約機構)軍に移っている。
正直小沢代表の行っている事が理解できない。

2) 広島長崎平和宣言の比較 (リンク貼ってます)
両市長の平和宣言を見ていると相変わらず秋葉忠利広島市長は「米国の時代遅れで誤った政策にははっきり『ノー』と言うべきだ」と米国を強く非難しながら、北の核には全く触れていなかった。
このおっさんは、なぜイデオロギー闘争から抜け出せないのだろう。
(この人 HBS 出身らしいが)
毎年 Wharton Japan Trip なるものを行い、去年は先輩の努力により100人以上の参加者がいた。
こないだ、家具を買っているときに Wharton の日本人の友達と是非広島にもよりたいねとの話をしていた。
広島を訪れるのなら、イデオロギーチックな市長の事をアメリカ人に話してみて、そこを突くような質問を市長に対してしてもらうように画策してみよう。(笑)
その点、田上富久長崎新市長の平和宣言はバランスが取れているのではないか。前市長のスタンスを引き継いでいる。

3) 南北朝鮮首脳会談開催
ここまで政治的な意図を感じさせる会談をよく恥ずかしげもなく出来るなと思う。
明らかに年度末の大統領選選挙を意図した行動であり、韓国国民はこれを支持しているのか。
Wharton のクラスメートと話してみるとみなやはり政治的意図丸出しで皆それは理解していると話していた。
(これ以上はあまり皆さん情報を持っていなく話せなかった)
今回は将軍様にいくらお金を払ったのであろう。
と、言っていて朝鮮日報を見ているとぼろ糞に批判されている。

4) トルクメニスタン大統領が上海協力機構に出席へ
16日にキルギスで開催予定の上海協力機構の首脳会議に、トルクメニスタンのベルドイムハメドフ大統領が初めて参加するらしい。
永世中立国を宣言し国連以外の国際組織に加盟していない同国は旧ソ連崩壊より実権を握っていた前大統領が死去し今後この国がどこに向かうのかが注目である。
前任者の存在があまりにも大きすぎると(ニヤゾフ前大統領は終身大統領であり母親の名前を4月の呼称にし彼の著書ルーフナーマは国民必読の書とされている)後任者はその影響を排除するために大変そうだ。
(息子、娘も外国在住で後継者にはなりえないと言われているが)
でも、エネルギー(主に天然ガス)があれば怖いものなし!

5) グルジアに戦闘機がミサイル攻撃 ロシアは関与否定
どこまでが本当なのか分からないが相変わらず喧嘩している。
このことを Wharton のグルジア出身の子に聞いたところ、いつもの事よ的な回答。
でもこのこあまりこのようなトピックスを英語が喋れずにすぐにグルジア映画の話に移行。

Wharton のいいところはアメリカの B-School の中で International 比率が高く何かニュースがあるとこちらから話せばいくらでも彼らの意見を聞ける事だ。
かつ、その国の事を結構知っていると分かると、ここぞとばかりに前のめりに話してくる。

って言っても皆アメリカに長く住んでいるからそれが現地の人の意見を反映しているか分からないが。

昨日も飲み会の席で同じクラスのナイジェリア人とナイジェリアの現状について話していると生の声が聞けて結構面白かった。
とりあえず、オバサンジョ大統領からバトンを引き継いだ結構保守的、クリーンのイメージのある(らしい)ヤラドゥア新大統領に腐りきった国内政治をどうにかしてもらおうと言う事で話が終わった。
大統領選・石油・多発する外国人の誘拐ぐらいの基礎知識しかなく、あまり話が広げられなかった。

今日も飲み会、毎日飲み会。どこだっけ?


安倍っち大敗
安倍っちが大敗したらしい。

新聞によると過半数割れもいいとこで今後の参議院国会運営に支障を来たし予算以外の重要法案が参議院で悉く否決されると法案事態が成立できないようだ。(って言うか制度上可能であるが現実的に難しいらしい)

新聞の論調を見ると読売新聞・産経新聞は安倍内閣は今回の結果を反省し修正を図った後舵取りをしていけ。民主党は国会戦術だけで反対するのではなく現実路線をとり参議院与党として責任の有る態度で国益の最大化を勤めろ。
朝日新聞(ちょうにちしんぶん)と毎日新聞は今回の結果は安倍内閣への不信任であり安倍内閣退陣しろの一本やり。

どこも、読まなくても分かるような論調を書いている。

今回は完全に有権者が目先の問題にとらわれ過ぎて本質的な議論・国益論等を考えることが出来なかったのが明らかである。
(目先の問題を素直にクリアーできなかった自民党には庶民感覚からずれている物凄いどろどろしたものを感じる)
(有権者は現実を考え本当に安倍内閣退陣を望んでいるかはカナリ疑問であるが)

自ら報道したインチキ民間法廷のやらせ事件の時からずーっと反安倍で煽りまくっていた朝日新聞はこれからそれが一層強まるだろう。

(私は毎朝すべての日系大新聞と朝鮮日報の社説を読み比べているが結構ためになりバランスが取れる。面白い事に産経新聞だけ他の新聞社の社説へのリンクを自分の社説のページに張ってある。右系新聞、小粒でピリリと辛い産経新聞は結構バランスが取れているじゃないでしょうか。国益追求新聞っていう意味で)

しかし発行部数が激減し、論調及び紙面は反日本国益一辺倒の朝日新聞だが、海外でのプレゼンス(と言ってもたいした事ないが)・海外メディアとの関係では一番先を行っているのはなぜだろうか。

こういう時だからこそ国内論に終始するのではなく国益とは何ぞや、こういう結果に喜んでいる国はどこなのかを真剣に考えて注意しないといけない。

しかし民主党のマニフェストを見ると確実に政権交代は難しいなという感想を持つのは私だけでしょうか。

しかし小沢党首っていつまで国会議員やるつもりなんだろう。
経営者もそうだけど、70ぐらいにもなって仕事に全力投球するってどれだけつまらない私生活を送ってきたのだろう。

国会議員も経営者も、もう、お爺ちゃんどっかいってよ。


行った?
っていうか、皆選挙行った?
住居決定!
やっと住むところが決まった。

日本人の同級生と話せば話すほど事業一週間前に住むところが決まっていないというのはヤバイらしいことが分かった。

そのため結構、えいや!!で決めた感じだ。
学校から西に 1 Block。
校舎まで歩いて5分。
治安は問題なさそうだ。
恐らく日本人の同級生でこのあたりに住んでいる人はいないであろう。
(日本人の同級生はほとんどがリッテンハウススクエアーという公園の周りの超高級アリアに住んでいる)
わが住居からそこまでバスで15分ぐらい。

昨日日本人の同級生の人の飲み会があり始めてお会いする人とも話す事ができた。
周りの知人から、えらい男気の有る日本人初めての元 NFL ヨーロッパリーグ選手がいるとお聞きしていたので、非常に合うのを期待していたがイメージどおりのナイスガイであった。
Wharton もすばらしい人を採用するものである。
体がすばらしく、ベンチで今でも 120KG を持ち上げるとのこと。
昔の私のマックスをビジネススクールで上げるとはすばらしい。

そろそろウェイト再開しよう。


到着
とうとうフィラデルフィアに到着した。
色々あったがやっと着いた。

前回ここに来たのはゴールデンウィーク中だったので実に3ヶ月ぶり。
前回はちゃんとしたホテルに泊まったが今回はユースホステルに毛の生えた程度のInternational House なるものに泊まっている。ここの利点は安く、大学に近く、ネットがつなげ放題ぐらいであろう。贅沢を言っては駄目だ。

着いて早速、お知り合いの友達でU-Penn の博士号コースに進学中の方とお会いさせていただき色々セットアップに関してお話をお聞きした。
(取り合えず家を決めない限り何も出来ないようだ)
正直右も左も分からないため非常に参考になり、お忙しい中夜遅くまで買い物まで付き合っていただいた。
本当にありがたい。
今後このような出会いを大切にし、Take だけでなく、こちらから出来る事は進んで Give しよう。

もう眠くて目が開かない。





プロフィール

 Stallion

Author: Stallion
自分の夢に向かって一念発起し Business School に入学。
いろんな人との出会いを期待しつつ、和製資源メジャーを作るために助走中!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。