Japanese Stallion in the Wharton School
日本の種馬が、イタリアの種馬・ロッキーバルボアのホームタウン・フィラデルフィアで MBA 取得目指して奮闘中!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状報告
ありえない忙しさで授業が進んでいる。

Q-1 に取った科目は「統計学」「ミクロ経済」「会計学」「マネージメント」「マーケティング」。

バックグラウンドが違う&英語での勉強と二重苦で夜の12時まで校舎の自習部屋でお勉強。
仕事で英語を毎日使っていたので大丈夫と思いきや、早すぎ、アクセント強すぎで正直同級生が何を言っているのかが分からない。
(教授はしっかり話してくれるので問題ないんだが)

金土日も勉強。(Wharton は金曜日も休み)

周りの人に色々助けてもらいながらの自転車操業。

しかし追いつかない。

そして来週からは恐怖の中間試験が始まる‥。

しかし悲壮感はない。


スポンサーサイト
就職戦線異常あり!!
今日は Japan Club 主催の就職活動心得会が開かれた。

日本・アメリカでインターンシップを終えられた2年生にインターンシップオファーまでの経緯及び仕事内容を説明して頂いた。

やはり皆さん外資系投資銀行、戦略系コンサル、外資消費財のマーケ等 MBA 生の王道を行かれていた。

今年の日本人一年生は、私費が思った以上に少ない。

Wharton の利点はほとんど全ての大手投資銀行がフィラデルフィアまで面接に来ていただける事である。
投資銀行は9月終わりから10月中にかけてアメリカ各主要都市をロードショーと称して面接ツアーを行う。
主に、シカゴ、フィラデルフィア、NY、ボストンを訪れ主要大学の学生と面接を行うのだ。
ここに Wharton の Finance 業界での強みを見る。
各都市下記のように最低2つの大学が位置する中、フィラデルフィアは Wharton のみにもかかわらず訪れてくれる。
わざわざ一つの大学の学生と合うためにだ。

シカゴ;シカゴ大学とノースウウェスタン大学 (Kellog)
NY;コロンビア大学とニューヨーク大学
ボストン;ハーバード大学と MIT

このロードショーで面接を行いボストンキャリアフォーラムで最後の確認会が行われるようだ。

私費、社費関係なく参加できるようであるが、私は投資銀行の業務に興味がありこの面接でどのような人とお話できるのか興味大である。

し・か・し!!
皆が不安視していた事が起こっている。
思った以上にアメリカの住宅サブプライムローン焦げ付きの影響は大きい。(このコラムは面白いです)
聞くところによるとアメリカでの2年生の就職活動はカナリ影響を受け、去年のこの時期と比べるとオファーの数がカナリ減っているらしい。
特に投資銀行、ベンチャーキャピタル、ヘッジファンド、プライベートエクイティー等への影響は大きいようである。
今日アメリカ人と話していると「不景気に突入した!!」と恐ろしい事を言っていた。
そういえば、先週末アメリカ人が「投資対象の不動産を早く売らなきゃ!!」とあせっていた。
9月7日のウォール・ストリート・ジャーナルによれば、グリーンスパン前FRB議長は今回の混乱を「87年のブラックマンデーや98年のLTCM破綻時の混乱と酷似」さらには「1929年の金融恐慌とも類似する」と指摘したという。
我々が渡米前に創造のつかなかった事が起こっている。

就職戦線異常あり!!である。





プロフィール

 Stallion

Author: Stallion
自分の夢に向かって一念発起し Business School に入学。
いろんな人との出会いを期待しつつ、和製資源メジャーを作るために助走中!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。