Japanese Stallion in the Wharton School
日本の種馬が、イタリアの種馬・ロッキーバルボアのホームタウン・フィラデルフィアで MBA 取得目指して奮闘中!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅 (4) アメリカ編
そういえばアメリカにもチョットいたことを思い出した。

大学の交換留学なるもので半年ほど遊んでいた。
これがおいしく全部のお金は大学持ち。
なおかつ一緒に行ったのは女の子8人。
9人仲良く一つ屋根の下で一軒家を借り切って住んでいた。

男一人を快く受け入れてくれた女の子にも感謝しなければいけないが、そこは19歳そこそこの小僧。
そんなそぶりは微塵も見せずに、図書館という真夜中は誰も来ない場所を発見!
現地調達に勤しむ。

最近その女の子達と飯を食べたが、昔が懐かしくなった。
仕事を始めてからの人生が濃過ぎて忘れてしまっていたが、そんな素晴らしき日々もあったのね。

その時以来のアメリカ。
今度はもしかしたら彼らの職を奪うかもしれない立場での渡米。
本気で行かないと現地調達は大変だぞ!小僧。

家に帰ってきて久しぶりにテレビを見たが、古舘伊知郎ってどっかに行ったほうがいいね。
いくら朝日新聞が反安倍でもアジテートしすぎだよ、あれ。
安倍っち、がんばれ!

皆さん、投票所に行きましょう。

20070723235024.jpg


スポンサーサイト
渡米前の準備中
つれずれなるままに書いてみる。

準備で大忙しである。
自分が体調を崩したり近い人が体調を崩したりで、今までパッキングをまったくやっていなかった。

アパートの引き払い。
保険、年金、税金の処理。
会社を辞めた後にこんなにお金と時間がかかるとは思わなかった。

去年の今頃は GMAT に没頭していた中、シカゴ GSB に進学された女性の C さんには本当にお世話になった。
(C さんは GMAT 日本人最高点をたたき出しただけでなく日本人初めての Full Scholarship つきという私と比べて正に、ま逆にいる方だ)
渡米前日にもかかわらず GMAT に関して相談に乗ってもらい一時間ほど電話で色々お聞きした。
その後もエッセー作成時にはメールやお電話で色々お伺いした。
塾の繋がりという非常に薄いつながりにもかかわらずここまでやっていただき、正直言って感動した。
在校生だけでなくアフィアンスの塾仲間も本当に色々とお世話になった。
MBA に行かせて頂けるのも皆さんのおかげだ。
やはり MBA World は人の繋がりが本当に大切ということを実感する。

Wharton の日本人の進学者は恐らく21人で決まりそうである。
大体、半分ちょいが派遣されていている方で、男の独身は片手+αである。女性も片手ぐらいいる。
大学のデーターベースに Facebook なるものがありネット上で全校生徒の写真やその人の経歴等色々載っているがつわものぞろいである。
果たしてこの中でいかに自分を差別化できるかがクラスへの貢献の鍵なのかもしれない。
汚れ枠採用の私としては腕の見せ所である。

7/30 に International Student のオリエンテーション。
7/31 は学校側の用意したディナー、8/1 から Pre-Term の始まりだ。
7/28 に飲み会があるらしいので(参加目標人数は200人らしい)取り合えず前のめりで壊れよう。

そうだ、先週末従兄弟と歌舞伎を見た。
次は浄瑠璃だね。

アンド、おばあちゃんとあった。94歳。
明治45年生まれ。孫8人。曾孫2人。





プロフィール

 Stallion

Author: Stallion
自分の夢に向かって一念発起し Business School に入学。
いろんな人との出会いを期待しつつ、和製資源メジャーを作るために助走中!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。